個人で使える貸倉庫が都市部で大人気になっています

一般家庭にも、企業にも便利な貸倉庫!

貸倉庫の保険は建物部分と預かっている物を別に考える

貸倉庫というのは、多くの需要があるため有望な事業のひとつと言われています。
特に、景気が良くなると物流が活発になり、貸倉庫の需要も増加します。
この貸倉庫を運営する場合には、保険についてもよく確認しておく必要があるでしょう。
保険を考える場合のポイントは、自分の財産としての倉庫という建物に関する付保と、預かっている財産の付保を別に考えるということです。
自分の建物の火災に備えるには、普通火災の契約をして備えるのが一般的でしょう。
こうすることによって火災だけでなく様々な損害にも耐えることができるようになります。
ただ地震に関しては別途契約が必要です。
それでも、預かっている商品等の財産は守られません。
これらは預かっているものですから、それ用の保険を掛ける必要があるでしょう。
もちろん、預け元が付保しているケースがほとんどでしょうが、倉庫の運営側の過失で焼失した場合には損害賠償請求を受ける可能性がありますので、預かり分についての付保も考える必要があるでしょう。

貸倉庫業における保険契約の重要性

利用していない土地の活用方法として、貸倉庫業を営むことがあります。
管理なども簡単で効率よく資産運用が行えるのが魅力ですが、場合によっては倉庫の破損や利用者への保障などを行わなければならないこともあります。
そのため保険商品に加入することになりますが、中にはどのような商品に加入すればよいのか、また支払いはどの程度になるのかといった不安から、加入をあきらめてしまう人も少なくありません。
そういった人に是非活用していただきたいのが、保険代理店型のファイナンシャルプランナーです。
これは自身の保有する倉庫に対し、どの程度の保険をかけたら良いのかといった相談に乗ってくれるため、自身の希望する条件に合った商品に加入することができます。
また多くのファイナンシャルプランナーは相談自体は無料で行ってくれるため、費用を気にする必要がないのも魅力です。
これから貸倉庫業を営むことを検討される方は、一度ファイナンシャルプランナーに相談されることをお勧めします。

 


『貸倉庫 保険』 最新ツイート

おすすめWEBサイト

Last update:2019/8/2

 


Copyright(C) 2015 my warehouse All rights reserved.